発達障害〜原因は、多因子? 1つの遺伝子?〜(続き)

■2014/07/24 発達障害〜原因は、多因子? 1つの遺伝子?〜(続き)
原因は多因子?
この点で、幾つもの異常が積み重なった時は、全体の2割以下に値を超える結果がみられた事を指摘しています。

 
自閉症の遺伝子異常は様々な種類があるが、この異常は日常的な変異(スニップ:single nucleotide polymorphism: SNPを含む。
例えば、同じ遺伝子異常の一部を含むものとして、代表的な生活習慣病と同じですが、この場合‘節制するなら糖尿病はにならない’と言うように、遺伝子異常があっても予防する事が出来ます。

ですが、発達障害は予防する事は出来ません。

結局、結論は出ていないので、遺伝素因はビンゴしていないのですね。

では、環境因子はどうなのでしょう...。



今日も読んでくださって、ありがとうございます。

当カウンセリングルームは、正確な知識と理解に重きを置いて相談支援に取り組んでいます。
安心して、ご相談にいらして下さい。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
発達心理研究所 調布カウンセリングルーム
http://kokoronocare.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都調布市布田1-26-12 ダイアパレス調布311
TEL:042-484-8071
------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/7aKQd5
Twitter:http://goo.gl/0Q82Gp
mixi:http://goo.gl/V5m3Bi
ameblo:http://goo.gl/bK0wBH
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆