発達障害〜生きにくさを抱えた人たち〜

■2014/07/14 発達障害〜生きにくさを抱えた人たち〜
生きにくさを抱えた子どもたちにADHD/LD‥と診断がつくことで,努力不足や親のしつけが責められると言う様なことは減って来たようです。
でも、生きにくさがそれで軽減されるわけではありません。

必要なのはどのようなことでしょうか?
それは、一人ひとりの人格の全てを総合的にとらえ、彼らの身体・心理・社会的立場などあらゆる角度から判断して理解することです。

日常の生活全般の現状、そして当事者と家族の思いに心から耳を傾けて聴きます。
そして、成人後の状況までについて、多面的に理解できるようにします。
幼児であってもそのように見て行く事が大事です。

加えて、非常にデリケートな課題として、虐待や非行との関係についてもあります。

発達障害は生活障害である、という視点で特徴を捉えて対応している専門家は多くおられます。

改めて、当事者と身近な親を大切に思うという、当たり前のことに気づかされます。
今一度、何を大切にしたいのか,共に考えるのはどうでしょうか.....?

どうぞ、当カウンセリングルームへいらして下さい♪




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
発達心理研究所 調布カウンセリングルーム
http://kokoronocare.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都調布市布田1-26-12 ダイアパレス調布311
TEL:042-484-8071
------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/7aKQd5
Twitter:http://goo.gl/0Q82Gp
mixi:http://goo.gl/V5m3Bi
ameblo:http://goo.gl/bK0wBH
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆